自分を信頼できない、という要素を減らせば自信が持てる

自分を信頼

自信がない

 

ってのは、自分を信頼できていない、ってこと。

 

自分を信頼、ってどういうこと?

 

 

そんな事考えてたら、

自分を人に置き換えたら分かりやすいよ、と教えてもらった。

 

信頼できない人ってどういう人?

 

嘘をつく

失敗をごまかす

言い訳ばかりする

人のせいにする

 

じゃ、

自分が自分に対してソレをしなければ自分を信頼できるはず。

 

それが積み重なって自信になる。

ん~、なるほど。

自分と向き合う

先日の整体セミナーを後方で見ていて、受講生のみなさんがすごく自分と向き合ってるな、って感じたんです。

dsc_0167

今まで分からなかったことが分かってきた。

感じられなかった感覚が感じられるようになってきた。

 

少しずつ自信が出てきた、と誰かが言ったんです。

 

院長はいつも、毎日のトレーニングが必要、と言ってます。

それをした人は結果が出るのも早いと言います。

 

受講生さんに自信が出てきたのは、

誰かに「やれ」と言われてやったんではなくて、自分で「やる」と決めてやったから。

自分との約束を破らなかったから。

dsc_0135

なんかまじでみんなカッコいいっす。

僕も、自分には嘘をつかずに生きていこう。

 

・・・っていうと、人には嘘つくみたいな感じになるな(苦笑)

もちろん、人にも自分にも信頼されるように頑張ろう(笑)

14463223_1645769675753799_6832588873212977831_n

「へい!お待ち!」って、なんでシャリがないのにそんなに自信満々なんだ!(笑)

 

投稿者プロフィール

松本 圭太
松本 圭太
大阪で活動するフリーランスのコピーライター。
「クレーム対応」、「趣味のプロレス話」、「子供との楽しい日々」を綴る当ブログには隠れファンが多い(隠れなくてもいいのに・・・笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください