一つの問に、百個の答えを考える大喜利

コピーライターは、課題を解決するために、一つの案件に100個以上のアイデアを書き出すことがあります。
50個、60個とアイデアを出して行くと、もうアイデアが出ない、と行き詰まります。
そして、そう思ったその先にいいアイデアが眠っていることが多いのです。

このページではその練習、また、アイデア出しの擬似体験をしていただくために、大喜利形式で、ひとつのお題(問)に対して、より多くの(答)を考えていきます。

(目指せ100答!更新がんばります)

これを応用すれば、ビジネスシーンでの「次のイベントで何をしようか?」「どんなプレゼントを渡せばお客さんが喜ぶかな?」という場面で、より多くのアイデアを出せるようになるはずです。

「大喜利」の文字のごとく、お客さまに大きく喜んでいただき、こちらも利益を得られるようビジネスでも活かしていきましょう。

ぜひ、ご一緒に頭を捻ってみてください。

 

問1、遅刻の言い訳を考えてください。

この問いの答えはこちらをクリック

問2、応募が少ない求人広告の中身とは?

この問いの答えはこちらをクリック

問3、父の葬式で悲しみより怒りがこみ上げてきました。なぜ?

この問の答はこちらをクリック

問4、吾輩は猫である、の直後に出版された類似作とは?

この問の答はこちらをクリック

問5、大将の握る寿司は不評です。なぜ?

この問の答はこちらをクリック