僕が悪いの?じゃなくて

絶望のふち

少し前に友達が職場の上司との関係に悩んでまして、

 

やれと言われたことをやったら怒られて、

自分で考えて臨機応変に対応しろ
と言われて考えて行動したら、
勝手なことをするなと怒られて、

確認しろと言われて確認したら
いちいち聞くなと怒られて、

俺は何を信じたらいいんだ・・・

 

って本人は絶望の淵にいたんですが、

 

こんなこと

絶対に言っちゃいけないんだけど・・・

 

・・・端から見てるとちょっと滑稽でした。

 

 

あ~言っちゃった。

 

 

で、そのことをふと思い出しまして。

 

理不尽とは道理に合わないこと

メールを送ってと言われたから送ったら

数日後になぜメールを送ったんだと怒られたり

 

これで決定しますよ、と念押しで確認したのに

後日そんなこと聞いてない、と怒られたり

 

相手が約束の時間より早く来すぎるのは

アポイントの取り方に問題があるんだ、と怒られたり

 

え?それ僕が悪いの?

って思うことってどこの職場でもあるでしょ?

(え?あるよね・・・?)

dsc05486-2

なんてリフジンなんだ・・・

これ、キツイ言葉で急に一方的に怒られたりしたらしんどいですよね。

 

そんな時は頭の中に

もう一人の自分を用意して端から見せてやりましょう。

 

滑稽です。

 

言ってる方も

 

それに必死に正論ぶつけてる方も

 

滑稽です(笑)

 

で、パンチ打たれたら

打ち返したくなるじゃないですか。

 

相手にスキがあればなおさら。

 

でも、そこはサンドバックに徹した方がよかったりします。

 

そんな事に最近気づきました。

(正解かは分かりませんが)

 

というのも・・・

 

 

ニュートラルな状態

整体で最高のパフォーマンスを発揮するには施術者のニュートラルな状態が必要なんですって。

お客様への余計な感情は持つべきではない、と。

しかし、院長とて人の子。

想定外の事が起きたときにニュートラルを保つのは難しいです。

 

なので、お客様が遅刻してしまったとしても、予約をすっかり忘れてしまっていたとしても、予想以上に早くお越しになったとしても

 

院長の矛先は僕でいいんです。

 

え?僕が悪いの?ではなく

 

はい、私が悪うございました。

です。

 

 

お客様にいいも悪いもなく、僕が悪い、でいいんです。

それでニュートラルになれるのであれば。

 

表現が難しいんですが

バカにしてる訳ではなく

その理不尽と思える出来事も

必要悪として受け止める。

 

まとめ

結局、何が言いたいのかと言うと、

「僕が悪い」ので全然いいんですが、

 

予約の時間に遅れそうなら電話があると嬉しいなぁ~。

予約と素敵な思い出は忘れないで~。

予約時間の60分前到着は少し驚きますよ~。

 

ってことです。

 

 

「遠回りすぎるやろ!スッと言え!」

 

と漫才師時代の院長の鉄板ツッコミが聞こえてきそうな「まとめ」が決まったところで、珍しく予約トラブルが重なった日曜の営業も無事終了です。

%e3%83%81%e3%82%b3%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc-2

投稿者プロフィール

松本 圭太
松本 圭太
大阪で活動するフリーランスのコピーライター。
「クレーム対応」、「趣味のプロレス話」、「子供との楽しい日々」を綴る当ブログには隠れファンが多い(隠れなくてもいいのに・・・笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください